「会議」が変わると企業が変わる

革新風土を作るAI会議改革<セッションC>

会議体が変われば、企業の活動サイクルが早くなります。

会議やミーティングのあり方を科学的に改革します。実証実験に参加いただいた企業様から事例を紹介いただき、自社の適用方法・効果などを議論します。

『イノベーティブな組織作りを支援するAI会議改革ソリューションの実証実験を開始』

未来経営革新大会の詳細はこちらをご覧ください。

参加ご希望の方はこちら

メディアで紹介 会議を変えるAI会議改革ソリューション

弊社、株式会社フューチャーマネジメントアンドイノベーションコンサルティングと株式会社富士通アドバンストエンジニアリング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:林 恒雄、以下:FAE)が研究している、「イノベーティブな組織作りを支援し、働き方改革を促進するAI会議改革ソリューション」の実証実験が10月2日より開始されます。

詳細:https://www.fmic.jp/service/Conference_solution_20181002.pdf

この活動が多数のメディアで紹介されました。

日経新聞 電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP492086_S8A001C1000000/

日経×TECH Active
https://tech.nikkeibp.co.jp/it/atclact/activer/nkpr/RSP492086_02102018/

クラウドウォッチ
https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1145906.html

 

実証実験へのご参加希望やAI会議改革ソリューションへのお問合せはこちらまでお願いします。

会議やミーティングの知的生産性をあげて、働き方を変えよう。

一般に企業の企画・開発部門やスタッフ部門では1日の8割が費やされている会議やミーティング。こんな会議になっていませんか?

・内職している会議

・ダラダラ会議

・結論のない会議

・声の大きい人だけ会議

この貴重な時間の創造性や生産性をあげることができれば、働き方は自然に変わります。

このミーティングの場を変えるのが、AI会議改革ソリューションです。

職場で日常的に行われている打合せや会議の場を、AI診断ツールにより客観的に診断。職場の人間関係や上司・メンバーへの変な遠慮や忖度無しにデジタルな状態診断が可能となります。

この会議状態の診断にもとづき、すでに200社以上で導入されてきたFMICの共鳴・共創会議メソッドによる改善実験を実践すると、通常、数回のトライで確実な変化が生まれます。

3カ月程度の継続的改善により、会議の知的生産性は5倍~10倍程度に向上することが先行実験で検証されています。また同時に社内の改革推進を継続するためのコラボレーションコーチの育成も行います。

AI診断ツールとコラボレーションコーチのコラボレーションにより、貴社内の会議は高い水準で維持され、やがては企業体質や風土になるでしょう。

詳細:https://www.fmic.jp/service/Conference_solution_20181002.pdf

その会議、ムダと言わせない。

仕事の中で、会議はどんな役割を果たしていますか? 一日中会議という人も少なくないでしょう。

会議とは・・・関係者が集まって特定の案件について相談をし、意思決定をすること。またはその集合のことである。(Wikipedia)

意思決定する場であれば「打合せ」なども会議と考えられ、会議の準備時間も入れると、1日の業務時間の内、会議に当てられている時間は半分以上になります。

 

一日に占める会議時間
一日に占める会議時間

 

しかし会議は、それぞれの目的があって行われているので、闇雲に止めて良いわけではありません。効率の良くなる会議の運営方法は山ほど書籍が販売されていますが、会議の質を改革できれば、仕事の生産性だけでなく、働き方を変え、事業への貢献度も高くすることが可能になります。

F-Labでは、「良い会議」とはどんな会議かを追求し、参加者各々の社内の会議改革を検討します。また、AIやICT、FMICの持つ会議メソッドを活用した会議イノベーションシステムの検討も行って参ります。