今年は新産業革命の先導役に挑戦

2019年のFMICの漢字は「 䯂 (しん)」

FMIC KEYWORD 2019

何かがたくさんいることを示している。JIS漢字のなかで最も画数が多い。英語訳には“large group of horses traveling in a line”がある。

 いよいよ、新産業革命の潮流が本格化し、多くのビジネスチャンスや一方で課題がある。そのようななかで、FMICはF-Labはじめ、多くの取組みを開始し、たくさんの仲間ができてきた。一人一人が駿馬(しゅんめ)となり、新産業革命の先導役に挑戦したい。

1月24日に開催する「未来経営革新大会」も仲間づくりの一つ。皆様のご支援をいただき、今回で7回目開催の運びとなりました。

2019年、FMICがまず先導役となり、常にSHINKAし続けていきます。

現場イノベーションの基盤強化と中期経営計画革新の同時挑戦

未来経営革新大会(1月24日)における、ご講演内容のご紹介。<2>

絵に描いた餅ではない、企業が成長するための中期経営計画づくりは、多くの企業が課題を持っています。

現場でのイノベーションワークショップから生まれた発見を活かしつつ、SHINKA思考・デザイン思考によって、中期経営計画を革新された事例をご紹介します。

組織や階層の壁を越えた新規事業やビジネスフレームワークを創出した取組みを、工夫点や悩みを交えながら、お話いただきます。

未来経営革新大会の詳細はこちらをご覧ください。

参加ご希望の方はこちら