チームで加速

2018年2月7日から始まった平昌オリンピックも25日閉幕しました。週末から連日メダリストを番組に出演させて称える放送がまだ続いています。

日本は歴代新記録となる13個のメダルを獲得し、世界第11位。(韓国は7位17個)アメリカではずいぶん昔からデジタルやICTを使ったスポーツ分析に基づいて選手を育成してきました。日本も根性論ではない科学的な分析と、弱い部分を克服するトレーニングをすることで、確かな力をつけてきたように感じます。

大会2連覇したフィギュアスケートの羽生君はもちろん凄いですが、今回の話題は女子パシュートチーム。個々の力はオランダのチームに全員負けているにも関わらず優勝しました。これは陸上のリレーにも同じことが言えます。個人での力を最大限発揮することはもちろん、チームで作戦を立て、目標に向かって共に練習し戦うことで、何倍もの力になった結果です。

会社の組織でも同じで、一人ではなかなか前に進まないことでも、チームで目標に向かって戦略を立て、課題を解決できた活動は、皆で知恵を出し合い、主体性を持って行動することで何倍ものスピードと成果が出ます。

スポーツをAIやICTで科学し、効率よくトレーニング、育成することは今後も発達していくと思いますが、人間がチームで起こす相乗効果、シナジーについては、まだ解明できない可能性を秘めていそうです。

 

 

未来経営革新に向けて

2018年1月18日(木)第6回未来経営革新大会を開催いたしました。

未来経営革新大会

50社100名(定員100名)の方々にお越しいただき、3人のゲストパネラーを迎え、「イノベーションのキャズム(溝)越え成功条件」をテーマにお話しいただきました。

講演録の簡易版はこちら。(講演録完全版 2018年3月頃発行予定)

参加いただいた方々のアンケートからも大変好評な回答をいただきました。

  • 大変参考になりました。
  • 興味深いお話を多数拝聴し、勉強になりました。
  • たくさんの学びがありました。
  • もっと詳しく話が聞きたいと思った。
  • 具体的な手法について知りたいと思った。
  • 未来を切り開いていける人財育成を支援してほしい。
  • 他の参加者の方々とコミュニケーションがとりやすくて良かった。

また自ら行動を起こす決意を示してくださる反応もいただきました。

  • 世の中を変えるには自らを変えないといけないと思った。
  • 自らのビジネスを創造し、革新していきたい。
  • F-Labのような取組みをやりたい。

大会後の交流会にも多くの方々がご参加くださり、講師の方々やお客様の間で活発な交流がなされました。

講師の中村様の奥野田葡萄酒醸造株式会社製造のワインも皆様に召し上がっていただき、大いに盛り上がりました。

次回、第7回未来経営革新大会は、2019年1月24日(木)です。

交流会風景

Okunoda Wine